対応エリア 北九州市

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

仕上げ工事

八幡西区永犬丸

仕上げ工事は、クロス貼り・各設備の配置・フローリングや建具材の仕上げ・外構工事・クリーニング・電気工事など建物の直接目に触れる部分の最終工程のことを指します。天井、壁と順番にクロスが貼られ、洗面化粧台、シャワートイレ、和室の畳がそれぞれ搬入・設置されます。外では外構工事と玄関のポーチタイル設置などが行われます。そして全ての工程を終えると、完了検査へと移ります。

木工事

小倉南区

木工事
大工さんの工事が進行中、木製の階段が設置完了です。

北九州市の土地・不動産情報

北九州市の土地の坪単価の相場

坪単価 13万2000円〜23万2000円 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

北九州市の土地・物件探しポイント

北九州市は、門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区の7区あり、広範囲に及ぶためのそのエリアによって特性が異なります。
例えば、10年前頃より開発が進んでいる「若松区ひびきの」、この5年で大きく開発が進んでいる「小倉南区城野」、他にも八幡西区や門司区でも新しく造成された土地が出たりします。その一方、都心部の小倉北区では新しい土地は簡単に見つからないのが現状。古家や空き地に建て壊して新しく建てるケースも最近ではあります。ポイントとしては、お探しのエリアの新しく造成される「更地」の情報をキャッチすること。もう一つは、更地だけでなく「空き家」を探すこと。もポイントです。

北九州市の地域情報

小倉北区

小倉北区

北九州市の都心である小倉北区は、中津街道や長崎街道をはじめ九州五街道の起点であり、「九州の道は小倉に通じる」と言われていたほど、古くから陸上交通の要衝でした。また、江戸時代から細川藩、小笠原藩の城下町として発展してきたまちで、現在も残る魚町、古船場町、馬借、米町などの地名は、往古のにぎわいの名残です。

小倉北区の玄関口であるJR小倉駅は、新幹線並びにJR九州の鹿児島本線と日豊本線の接続駅であり、モノレールも乗り入れるなど九州の拠点駅となっています。新幹線口には、アジア太平洋インポートマート(AIM)・西日本総合展示場・北九州国際会議場・大型シティホテルなどが立地し、国際コンベンションゾーンが形成され、小倉城口には商業施設・商店街・繁華街・オフィス街が広がるなど、小倉駅周辺は九州で有数の商業・金融・情報等の集積地として、昼夜を問わず多くの市民でにぎわう北九州市の顔となっています。

一方、城下町小倉の象徴である小倉城の周辺は、紫川や勝山公園などの自然と、小倉城庭園や文学館、松本清張記念館、北九州芸術劇場があるリバーウォーク北九州等、歴史・文化・商業・大学などの多様な施設が充実しており、市民の人気スポットになっています。

夏には、市制25周年を機に始まった「わっしょい百万夏まつり」や、400年の歴史と伝統を誇る「小倉祇園太鼓」が行われ、祭り好きの小倉っ子の胸を高鳴らせます。冬には、小倉の風物詩として定着した「小倉イルミネーション」のきらめく美しい光がまち一帯を彩ります。このように、小倉北区は商業や金融、情報、コンベンションなど、都心としての機能が集積していると同時に、自然や水辺に恵まれ、歴史と文化にあふれる魅力ある街です。

小倉南区

小倉南区

小倉南区は古くから農業が盛んでしたが、戦後大型団地の開発をはじめ住宅地としての都市基盤が整備され、新興住宅地として発展してきました。

北九州市の南東部に位置するため経済・生活面で行橋市・京都郡(みやこぐん)・築城郡・田川市・田川郡と深い関係を持ち、この方面からの通勤・通学者も多い他、区内から大手自動車メーカーなどもある工業地帯の苅田町へ通勤する人も多い。

また小倉南区といえば、北九州市立大学があるため、大学の近くは九州から大学に通う若者が多いことでも知られています。

八幡西区

八幡西区

八幡西区は本市の西部に位置し、遠賀川を望みつつ、直方市、中間市など2市3町3区と境をなしており、昨今では土地の開拓も進み、住宅街も増えています。

地区ごとに見ると、長崎街道筑前六宿の一つとして栄えた黒崎地区は、交通の要所としての地理的条件に恵まれ、筑豊・遠賀・宗像地区を商圏に、小倉に次ぐ商業集積地として発展してきました。

そのようなことから、本市の副都心と位置づけられ、都心・小倉と機能分担しつつ、一体的、相乗的な整備を進めています。平成24年には八幡西図書館や黒崎ひびしんホールが開館。一方で、黒田官兵衛の系譜を引くまちとして、黒崎城址(跡)や曲里の松並木などの貴重な歴史的資源も多く存在しています。

さらに沿岸地区は、電機や化学、自動車関連産業が立地しており、産業のまちとしての一面もあります。平成27年に完成した「安川電機ロボット村」は、ものづくりの楽しさを知ってもらえる施設として注目を浴びています。

折尾地区は、わが国初の産業医科大学を始め、大学、短期大学、高等学校などが集中し、学園都市として発展を続けています。八幡南部地区は、藤の名所・吉祥寺やほたるの見所・黒川、畑貯水池など豊かな自然に恵まれています。

八幡東区

八幡東区

官営八幡製鉄所の創業以来、製鉄業で栄えた街で、日本製鉄八幡製鐵所がある。東田地区など区内では製鉄所の遊休地を活かした再開発が進められています。

平野地区では、帆柱山系の山々が東西に裾野を広げ、国際村交流センター、国際協力機構九州国際センター(JICA九州)、九州国際大学などが並び、「国際交流ゾーン」としての整備が進んでいます。東田地区では、土地区画整理事業が行われ、新産業分野の誘致、イオンモール八幡東などの商業施設の整備が進められました。また、自然、環境、歴史を学ぶ場として、北九州市立自然史・歴史博物館、北九州市環境ミュージアムが立地。

高見地区には、北側は緑豊かな丘陵地があり、南側は旧電車通りが走り、市内各所からのアクセスが良好である。高品質なライフスタイルを志向する人々向けに提案された居住エリアで、戸建住宅や共同住宅などの整備が一体的に進められています。

皿倉地区には、市民に親しまれている皿倉山があり、山頂の展望台からは北九州市の街並が一望できます。

戸畑区

戸畑区

戸畑区は北九州市のほぼ中央に位置し、北側は区域の約45%を占める日本製鉄株式会社八幡製鉄所、南側は八幡東区との境をなすように、なだらかな丘陵が続く比較的平坦な市街地となっています。明治の初期までは半農半漁の静かな村でしたが、明治34年、八幡に官営八幡製鐵所が開所して以来、鋳造、製鉄、硝子及び遠洋漁業などの企業が次々と進出し、急速に工業都市として発展しました。

戸畑といえば、平成28年にユネスコ無形文化遺産に登録された「戸畑祇園大山笠」。国の重要無形民俗文化財で、福岡県夏の三大祭りの一つとしても広く親しまれています。昼は山笠本来の姿といわれる金糸銀糸の刺繍を施した格調高く華麗な姿をした幟山笠が、夜には12段309個の提灯に彩られた光のピラミッドへと姿を変えます。

また、花と緑のまちでもあり、市民の憩いの場である夜宮公園では、2月は戸畑の市街地を一望しながらの梅、4月初旬は公園中に咲き誇る満開の桜を鑑賞できます。また、4月下旬から5月上旬にかけては、公園横の「なんじゃもんじゃ通り」で濃いピンクのツツジと純白のヒトツバタゴ並木の素晴らしいコントラストを楽しめ、続いて6月には夜宮池と日本庭園で50種2万本の艶やかな花菖蒲が咲き誇るなど、四季折々に美しい花々が彩り、さらに秋には園路の紅葉を楽しむことができます。

そして、5月初旬、大谷地区の「戸畑あやめ公園」等、区内数箇所で可憐に開花するのは、「伝説の花・戸畑あやめ」です。

若松区

若松区

若松区は洞海湾と響灘にかこまれ、東部には古墳が散在するなどその歴史は古く、自然に恵まれたところです。若松北海岸は、玄海国定公園に含まれ、白い砂浜と響灘の激浪に刻まれた玄武岩、露出した岩礁の眺めが美しいことで有名です。市内で唯一の岩屋海水浴場・脇田海水浴場は、マリーンスポーツのメッカとして注目されています。

水と緑にあふれた響灘緑地は、北九州最大の総合公園で、サイクリングコースや野鳥の観察ゾーン、「サイクリングターミナル」、「ひびき動物ワールド」、大連市との友好都市締結3周年を記念して建てられた「大北亭」などがあります。「グリーンパーク」の大芝生広場や熱帯生態園、バラ園などは、市民の憩いの場として親しまれています。

さらに西部の「北九州学術研究都市」は、周辺の自然環境や都市環境を活かしながら、先端科学技術の教育・研究機関との連携が進められ、豊かな未来を築くための知的基盤が整備されています。同時に、良好な住宅地を供給し、総合的なまちづくりも行っています。

門司区

門司区

門司区は、三方を海に囲まれ、多くの自然に恵まれた風光明媚なところです。関門海峡を隔てた対岸の下関市と、最も狭い場所では、わずか680mほどで向かい合い、壇ノ浦の戦いで知られた平家滅亡の哀史を偲ばせる歴史的な地でもあります。

関門海峡エリアは『美しい日本の歴史的風土100選』に、また門司港駅をはじめとするレトロ地区の施設群が経済産業省の『近代化産業遺産』に認定されるなど、門司の風景や観光資源は全国的に認められています。大正ロマン漂う街・門司港レトロ地区は、「旧門司三井倶楽部」や「旧大阪商船」、「旧門司税関」など、往時の門司の繁栄を偲ばせる歴史的建造物をはじめ、九州鉄道本社社屋を転用した「九州鉄道記念館」、友好都市中国・大連市にあるロシア建築を複製した「国際友好記念図書館」、海峡をテーマにした屋内型観光施設「関門海峡ミュージアム」などが建ち並んでいます。

大里地区には、門司駅海峡側に国の登録有形文化財である「旧サッポロビール九州工場」の門司麦酒煉瓦館や周辺の煉瓦建築物が残っており、商業施設、住宅地、公園などの整備も進み、「大里赤煉瓦タウン」の愛称で親しまれています。門司港レトロ地区とあわせて回遊性のある観光スポットとして注目を集めています。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 北九州市担当工務店の情報

                         

つながる家づくり

クラッチの注文住宅はお客様の持つ家づくりの想いを共有し、つながることから始まります。

私が担当します!

株式会社システム1スタッフ集合写真
会社名 株式会社システム1
所在地 北九州市八幡西区鷹の巣三丁目10-10
対応エリア
  • 北九州市
  • 京都郡
  • 行橋市
  • 遠賀郡
  • 宗像市
  • 福津市
  • 田川市
  • 田川郡
  • 豊前市
  • 下関市
  • 中間市
  • 鞍手郡
  • 飯塚市
  • 宮若市
  • 直方市
         

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。