対応エリア 田川郡

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

外壁下地工事

宗像市

外壁工事
外壁工事で一番最初に行う防水シート施工中です。
この防水シートを施工後、モルタルによる下地造り、そして最後の仕上げを左官仕上げで行います。

基礎工事

遠賀郡岡垣町

基礎工事
基礎工事は、建物と地盤のつなぎ目となる基礎(土台)を作る工事で、建物の丈夫さを左右する重要なものです。
基礎工事の流れは、まず初めに敷地慣らしを行い、地盤からの湿気やシロアリの浮上を防ぐシートを施工、その後鉄筋を組み、最後にコンクリートを流し込んで完了します。
鉄筋の太さや組み込む間隔、コンクリートの補正温度によって強度が変わる為、事前の確認が重要です。

仕上げ工事

八幡西区永犬丸

仕上げ工事は、クロス貼り・各設備の配置・フローリングや建具材の仕上げ・外構工事・クリーニング・電気工事など建物の直接目に触れる部分の最終工程のことを指します。天井、壁と順番にクロスが貼られ、洗面化粧台、シャワートイレ、和室の畳がそれぞれ搬入・設置されます。外では外構工事と玄関のポーチタイル設置などが行われます。そして全ての工程を終えると、完了検査へと移ります。

田川郡の土地・不動産情報

田川郡の土地の坪単価の相場

坪単価 1万5,000円 ~ 7万5,000円 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

田川郡の土地・物件探しポイント

福岡県田川郡は香春町・添田町・糸田町・川崎町・大任町・赤村・福智町を含めた豊前国で唯一海岸線を持たない郡です。この地域は石炭産業の衰退を経験し、現在、産業基盤や生活基盤の整備が進められています。
北九州市や福岡市までのアクセスは車で両市ともに約一時間で福岡市天神バスセンターへの高速バスも運行しています。
福智町・川崎町は人気のエリアとなっていて、空き家バンク制度などの補助金制度や、中学までの医療費無料化、第3子以降の保育料完全無料化、子育て世帯又はひとり親世帯を対象に定住促進助成事業奨励金を受け取ることができます。また、産後ケアや乳児全戸訪問の実施、少人数学級編成による個に応じたきめ細やかな指導や国内外の子どもたちとの相互交流を行うなど、子育て・教育支援に力をいれています。
まちの新たな拠点として、最新工作機器を備えたモノ作り工房やキッチンスタジオ、カフェ等がある多機能の図書館・歴史資料館を開設。保健・医療・福祉の包括ケアシステムも構築しています。
自然を身近に感じながら都会以上の心のゆとりがもてるのんびりとしたライフスタイルを送りたい方におすすめです。

田川郡の地域情報

香春町

田川郡香春町

田川郡香春町は人口約1万人の筑豊を形成する自治体の一つで、香春地区・採銅所地区・中津原地区・勾金地区の4地区から成り立っています。
野生のニホンザルが多数生息する香春岳や貫山々系の山に囲まれた地域です。春の行楽シーズンには多くの登山者が来訪する牛斬山には、野生のイノシシが多数生息しており、自然豊かなことが特徴です。
町域西部にある香春岳は主に石灰岩で形成された山であり、五木寛之の小説『青春の門』に登場し有名になりました。一方でJRの駅が3駅あり、生活に必要なお店も揃い、暮らしに不便は感じにくい町です。
歴史は古く八世紀に編集された風土記にも登場します。古くから良質な銅が採れ、奈良の大仏や貨幣などの材料となっていたと伝えられる採銅所にある採銅所駅舎は有形文化財に指定されています。
海外進出しているラーメンチェーン店の「ラーメン山小屋」のワイエスフードの本社があります。

添田町

添田町

田川郡添田町は人口約1万人の田川郡の南部に位置する町です。南部は北部九州の最高峰、英彦山や鷹巣山を境に大分県日田市、中津市と接しています。西部は釈迦ヶ岳、大日ヶ岳、戸谷ヶ岳などの山系で朝倉郡東峰村や嘉麻市、田川郡川崎町と接しています。
添田町では縄文時代より定住生活が始まったと考えられており、特に大字津野地区に位置する縄文後期の遺跡(後遺跡)からは、新潟県糸魚川より遠路はるばる運ばれたとみられる大型の硬玉製翡翠大珠が発見されています。
動植物の宝庫である英彦山は、出羽の羽黒山、熊野の大峰山と並び日本三大修験道の霊場として、広く九州全域の人々の信仰を集めていました。江戸時代の最盛期には俗に「彦山三千八百坊」といわれ、3000人の宗徒と坊舎が800を数えたと伝えられています。近年では英彦山スロープカーを設置し、銅鳥居から英彦山神宮へのアクセスが約15分となり、小さな子どもからお年寄りの方まで気軽に上ることが出来るようになっています。

糸田町

糸田町

田川郡糸田町は人口約1万人の田川郡の中央部に位置する町で、筑豊を構成する自治体の一つです。かつて筑豊炭田の繁栄を担った地域は、今日では住宅団地として整備されています。また、中元寺川と泌川に囲まれた中部地域は、標高およそ30mの糸田原台地と流域平野からなり、台地上は古くから拓かれ現在も町の中心部を形成しています。
泌川の西、西部地域は関の山山地の東に位置し、豊かな自然と水資源があるため稲作、イチゴ、ミニトマト、花き栽培などが盛んです。この地域の稲作を支えている泌川の上流には「秘泉」があります。田川市との境に近い水田地帯に石の鳥居と石垣をめぐらせた小さな池で、関の山一帯に降った雨水が地下の石灰岩水脈をくぐりぬけて湧出するこの泉は古来から生活用水として、またかんがい用水としてその歴史は1300年以上にわたります。近年では周辺の公園化を行い、町民の憩いの場として整備されています。

川崎町

田川郡川崎町は人口約1万6千人の田川郡の南西部に位置する町で、筑豊を構成する自治体の一つです。
戦後の民謡ブームの立役者となった川崎町出身の民謡歌手・赤坂小梅さんは、川筋女の心意気で「炭坑節」「黒田節」「おてもやん」などを全国に広めました。
また、町の一大イベント「かわさきパン博」は県内外から多くのお客が訪れ、川崎町の豊かな食のPRと交流人口の拡大の一翼を担っています。
町内にはいくつもの遺跡があり、そのひとつとして町指定史跡の『戸山原古墳1号墳』があります。直径15M、高さ4.7Mの円形古墳が良好な状態で残っており、学術的な価値が高く地元のシンボルにもなっています。なお、平成17年の福岡西方沖地震で被害を受けましたが、今は綺麗に復元された古墳をご覧いただけます。

大任町

大任町

田川郡大任町は人口約五千人の田川郡のほぼ中央に位置する町で、筑豊を構成する自治体の一つです。
町の中央を南北に彦山川が貫流する盆地で、周囲は丘陵地域となっています。その彦山川ではしじみが自生しており、町では「しじみ育成保護条例」を制定して保護にあたっています。
町内には出雲神社の分神である出雲神社があります。縁結びの神として有名で、初詣には良縁を願う参拝者が訪れます。隣には竜神様を祀った松永竜神もあり、家内安全・商売繁盛・子孫繁栄にご利益があるといわれています。
また、温泉に入れる道の駅として2010年にオープンした「道の駅おおとう桜街道」は日本最大級の道の駅となっていて、オープン当時有名になった「一億円のトイレ」があります。

赤村

akamura

田川郡赤村は人口約3千人の田川郡の東部に位置する村で、筑豊を構成する自治体の一つです。英彦山から扇状に走った山麓に挟まれた細長い盆地で、英彦山を源流として今川が流れています。
筑豊地方では昔炭坑が300箇所を超え、全国的にも有名でしたが、赤村は唯一炭坑がありませんでした。このため近代化による開発の影響を受けず、古くからの自然環境が広がっています。
土地は肥沃で昔から良質米が生産されており、山間部一体では、緑と清流が作り出した素晴らしい景観に恵まれています。

福智町

福智町

田川郡福智町は人口約2万2千人の田川郡の中部から北東よりに位置し、直方市・北九州市・香春町・田川市・糸田町・飯塚市と隣接しています。福岡・北九州市の両百万都市の中心からそれぞれ約45キロメートル、約35キロメートルの距離にあります。
かつては三菱方城炭鉱などの炭鉱が町の経済を支えていましたが、現在ではすべて閉山しており跡地を工業団地として再利用することで再生を図っています。
標高901メートルの秀麗な福智山がそびえ、その山頂一帯は北九州国定公園に指定されています。高さ25メートルの滝が小渓谷をなす上野峡の近くには400年以上の伝統を誇る国指定伝統工芸品「上野焼(あがのやき)」の窯元が点在し、陶芸の里となっています。
町内には樹齢520年以上の天然記念物「迎接の藤」(県指定文化財)や樹齢600年の「虎尾桜」(町指定文化財)があり、開花シーズンになると大勢の花見客でにぎわいます。
町に現存する数少ない炭鉱遺産のひとつとしてある九州日立マクセル赤煉瓦記念館は、二階建てでありながら、通りに面した一部が三階建てのように見える点が特徴です。二階の天井を取り払ってむきだしになっている鉄骨は、ボルトやナットを使わないリベット固定手法で組み立てられており、戦艦大和で用いられたのと同じ手法の構造を見ることが出来ます。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 田川郡担当工務店の情報

                                                             

つながる家づくり

クラッチの注文住宅はお客様の持つ家づくりの想いを共有し、つながることから始まります。

私が担当します!

株式会社システム1スタッフ集合写真
会社名 株式会社システム1
所在地 北九州市八幡西区鷹の巣三丁目10-10
対応エリア
  • 北九州市
  • 京都郡
  • 行橋市
  • 遠賀郡
  • 宗像市
  • 福津市
  • 田川市
  • 田川郡
  • 豊前市
  • 下関市
  • 中間市
  • 鞍手郡
  • 飯塚市
  • 宮若市
  • 直方市
     

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。