対応エリア 木津川市

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

外壁下地工事

宗像市

外壁工事
外壁工事で一番最初に行う防水シート施工中です。
この防水シートを施工後、モルタルによる下地造り、そして最後の仕上げを左官仕上げで行います。

上棟

福岡県行橋市

上棟式
上棟式とは一般的に建物を建築するにあたり、柱や梁などの骨組みを組み立ててから、屋根の一番上にある木材(棟木)を取り付けるところまでを言います。上棟式は、無事に建方が完了したことを喜ぶお祝いの儀式で、建ててくれた職人さんに感謝し、今後の工事の無事を祈るものです。

基礎工事

福岡県宗像市

基礎工事
基礎工事は、建物と地盤のつなぎ目となる基礎(土台)を作る工事で、建物の丈夫さを左右する重要なものです。
基礎工事の流れは、まず初めに敷地慣らしを行い、地盤からの湿気やシロアリの浮上を防ぐシートを施工、その後鉄筋を組み、最後にコンクリートを流し込んで完了します。
鉄筋の太さや組み込む間隔、コンクリートの補正温度によって強度が変わる為、事前の確認が重要です。

木津川市の土地・不動産情報

木津川市の土地の坪単価の相場

坪単価 25万円前後 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

木津川市の土地・物件探しポイント

木津川市は、京都府南部に位置する人口約8万人の市です。北部から南東部にかけて山地が広がり、西部に住宅街が立地するベッドタウンとなっています。 「山城町森林公園」といった自然を楽しむスポットもあり、古くからの寺社仏閣が多く、国の名勝に指定された庭園に国宝の建造物が建つ「浄瑠璃寺」や重要文化財の三重塔などがある「岩船寺」などがあります。鉄道はJR関西本線・学研都市線・大和路線・奈良線、近畿日本鉄道が走っており、奈良交通の路線バスやコミュニティバスが運行しています。この他、京奈和自動車道が利用可能です。
南北に走る24号線沿いには、南都銀行・京都銀行・京都中央信用金庫・関西みらい銀行など金融機関も並んでいます。JR木津駅の駅前には京都山城総合医療センターがあり、地域最大の総合病院も歩いて行ける範囲内にあります。同じく駅前には「フレスコ」や「サンディ」などのスーパーマーケットや、銀行・診療所・市役所があって歩いて行ける範囲に揃っているので、生活に必要な事やお買い物は全て揃えられるのも魅力です。奈良市にまたがる「平城・相楽ニュータウン」の中心地に立地するイオンモール高の原もあるので休日のお買い物に気軽に行くことができます。

木津川市の地域情報

木津川市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめエリアと坪単価相場

木津川市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめエリアと坪単価相場

木津川市は、隣接する駅のエリアが4つあり、
木津川台エリア、木津エリア、平城山エリア、高の原エリアとあります。

木津川台エリアの平均坪単価は、
土地相場価格→坪単価 約13万2000円~25万4000円/坪(2021年)
 木津川台エリアは学研都市の開発初期から開発が進み開発が完了しているエリアで、整備されている住宅街です。

木津エリアの平均坪単価は、
土地相場価格→坪単価 約8万6000円~37万円/坪(2021年)
近年、JR木津駅周辺の開発が関西で一番の住宅街が建設されており、城山台を中心に近隣エリアが注目されています。旧市街エリアでもこれからいろいろと開発が進みそうです。

平城山エリアの平均坪単価は、
土地相場価格→坪単価 約15万1000円~29万8000円/坪(2021年)
 州見台エリアも城山台エリアと幹線道路がつながり、便利になってきています。おしゃれなカフェも増えこれからの街です。

高の原エリアの平均坪単価は、
土地相場価格→坪単価 約28万4000円~50万9000円/坪(2021年)
高の原は奈良に隣接する近鉄線の駅ですが、相楽台エリアは京都府になります。田園エリアである為、宅地用の土地ができにくエリアですが、人気のエリアです。

加茂エリアの平均坪単価は、
土地相場価格→坪単価 約13万円~23万5000円/坪(2021年)
合併し木津川市になり、JR関西本線の加茂駅を中心に住宅街が開発されてきました。自然ゆたかなエリアです。

木津川市は奈良時代に恭仁京が置かれ、京都府の市としては最南端に位置し、南は奈良県奈良市に接しています。加茂は日本最初の流通貨幣「和同開珎」が造られた地でもある。
近畿地方を代表する大都市である京都市、および大阪市都心から、ともに約30〜40km、また奈良市中心部から約8kmに位置し、上記の交通事情と相俟って各都市のベッドタウンとなっている。
京都府相楽郡の木津町、山城町、加茂町の3町が合併し、木津川市となった。
市名の由来となった木津川が流れる。 市域西部で湾曲する木津川に沿って形成された平野部とその縁をなすなだらかな丘陵、および北側、南東側の山地からなる。また、加茂地区東部に笠置町の飛び地が点在している。

城山台のニュータウンも国家プロジェクトである「関西文化学術研究都市」の一翼を担う都市としての建設が進められています。近年は、商業施設も多く建設され今、注目されているエリアです。

木津川市のハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違い

木津川市は旧市街地も多いですが、最近は、城山台など多くの宅地開発を進めています。大手不動産会社や大手電鉄系会社・近鉄電車や大手住宅メーカーが分譲地として開発してきたこともあり、土地付き一戸建てで街として住宅街が造らていて、町並みがきれいなエリアが多いエリアです。ハウスメーカーは高い商品性能が提供されており、工務店は地元で身近なお家の相談あいてとして、お客様のご家族構成にあった住まい・暮らし方を伺い、土地物件の環境状や条件を考慮し丁寧にお家づくりを進める会社様が多いです。
その中で、木津川市の気候風土に合わせた、自然を取り入れた設計をしたりと地場の工務店がこだわりの注文一戸建て住宅も多く建築されているエリアです。
木津川市の気象条件は夏暑く、冬にはマイナスにもなる地域条件で、ファミリー層に好まれる吹抜けを入れた間取りでも快適な空間を作れる建築技術や施工ノウハウを持つ、早くから最先端の建築技術を採用する設計士や工務店が多くこの地域で建築しています。ハウスメーカーでは採用されていないこだわりの内装や伝統工法・デザイン的にも個性的な住宅や高級住宅も多く建築されているのも特徴です。
最近の木津川市の住宅は、州見台・城山台・加茂エリアと住宅地の造成が進み町が大きく開けてきています。

木津川市の住宅展示場(モデルハウス)情報

住宅展示場(モデルハウス)情報

木津川市の近隣に、ABCハウジング 奈良・登美ヶ丘住宅公園があります。ハウスメーカーから地元の工務店まで、多くのモデルハウスが建築されており、見て・触って・感じて・学んでと、家族がたのしんでお家のことを学べる住まいのテーマパークとして人気があります。お家を建てる前に役にたったと8割の人がアンケートに答えています。
このエリアの住宅は、断熱・気密・省エネ・耐震・耐火・高耐久性能と高い性能、一戸建て新築住宅が人気で、モデルハウスに行くとお家づくりに必要な建築知識や暮らしの知恵や新しい新商品のカタログも揃っていて、モデルハウスなので、間取りや生活動線・収納・お客様のイメージするリビング(LDK)や子供部屋・寝室・書斎・㎡数や面積・家具や棚の必要な大きさなど、設計士さんと実例やサンプルを見るのも体験していると今後お打合せするのに、空間のスペースや照明イメージやデザイン・スイッチの種類やコンセントの位置や高さなど日々の生活がどうなるかの感覚がわかりますし、不動産屋さんに相談する時も、土地条件から建築イメージもこれだけは叶えたいなという条件も絞られてくると思います。実際に触って体感することができるので多くのご家族がご利用しています。

木津川市の特徴

木津川市の特徴

人口約8万人で、1980年~2010年までに3万5千人と増加傾向で世帯数も順調に増えている傾向にあります。
京都・大阪の中心部から約 30 キロメートル圏内にあり、鉄道:JR 線(3線)と近鉄線(1線)が走る鉄道の要衝地にあります。
開発などにより発生する輸送需要などに対応するため、 近畿日本鉄道(近鉄)けいはんな線を延伸するもの。
2004年10月8日の近畿地方交通審議会答 申第8号では高の原~木津方面間を除く区間が中長期的に望まれる路線として盛り込まれている。
東側は山に囲まれ、JR 関西本線で滋賀や三重へと続いており、観光としてであれば楽しめます。
高野原駅は近鉄京都線の急行が止まる駅で、大型ショッピングモールイオンがあり、駅直結型徒歩3分で雨にも濡れず日用生活用品のお買い物には便利なエリアで人気があります。
近鉄高の原駅-京都駅まで約50分
近鉄高の原駅-近鉄奈良駅には約10分
近鉄高の原-大阪駅まで約70分と大型都市へのアクセスができます。

木津川市の教育・医療情報

教育・医療情報

木津川市の待機児童はゼロ。子育て支援も充実しており、医療補助も中学校卒業まであり、木津川駅には、総合病院もあり充実したエリアです。
木津川市では、小学生の学習意欲の向上と、学習習慣の確立を図るため、3〜6年生を対象に放課後や夏休みに少人数による補修学習として「ホップアップ学習」を行い、子どもたちの基礎学力向上に取り組んでいます。子育て支援NO.1の町を目指して取り組んでいて安心して生み育てるてることができる街として取り組んでいます。

木津川市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

木津川市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

最近ではSNSやホームページに建築実例を載せている会社も多いので、それらを参考に気になる施工例や建築素材があれば気軽に問合せをしてみるといいかもしれません。
モデルハウスに足を運べば、建築材料や断熱材はどんな種類を使っているかなど直接見ることができる会社もあります。
また、町の不動産に行っていろんな会社のカタログや資料を見ることもできます。中には、快適な全館空調を使った性能のいい家づくりを提案してくれる会社もあります。予算や希望をご家族や担当者としっかりと相談し、ご家族の理想の住まいを見つけてください。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅
     

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ、どのようにオーダーメイドするのか考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

     

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。オーダーメイドの注文住宅だからこそあなたの希望のデザインを叶えます。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 木津川市担当工務店の情報

                                                                                                                                                                                                                       

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。