対応エリア 諫早市

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

大工工事

福岡県中間市

大工工事とは、上棟式終了後からの大工さんの工事で、構造用金物の取り付けや、下地になる木材の施工、内装ドアの取り付けなど、仕上げに近い部分までを言います。大工工事は住宅建築工事の中でも最も長い工事です。

外壁工事

大分県中津市

外壁工事とは、建物の屋外側の壁に関する工事のことを指します。建物の壁には主にサイディングや塗装、塗り壁やタイル等がしようされており、使用する素材により耐久性に大きな違いが生まれます。

仕上工事

福岡県中間市

仕上げ工事は、クロス貼り・各設備の配置・フローリングや建具材の仕上げ・外構工事・クリーニング・電気工事など建物の直接目に触れる部分の最終工程のことを指します。天井、壁と順番にクロスが貼られ、洗面化粧台、シャワートイレ、和室の畳がそれぞれ搬入・設置されます。外では外構工事と玄関のポーチタイル設置などが行われます。そして全ての工程を終えると、完了検査へと移ります。

諫早市の土地・不動産情報

諫早市の土地の坪単価の相場

坪単価 5万円 ~ 15万円 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

諫早市の土地・物件探しポイント

諫早市は長崎県の中央部に位置する人口約13万人の市です。東は有明海、西は大村湾、南は橘湾と三方が海に面し、北は多良岳の秀峰を仰ぎ、4本の国道とJR、島原鉄道が交わる交通の要衝となっています。西部は新興住宅地、工業団地が数多く立地し、市の製造品出荷額は県内1位を誇り、農業、工業の二面性を持った都市でもあります。
鉄道はJR九州の長崎本線と長崎本線旧線と島原鉄道の島原鉄道線が通っています。市の代表駅は諫早駅ですが、同市役所の最寄り駅は本諫早駅となります。市内の路線バスは、長崎県営バスと島鉄バス、長崎バスが運行しています。また、諫早インターチェンジを拠点に、福岡市、北九州市、熊本市などへの路線がある高速バスも利用することが出来ます。車で遠方へ行く際は、長崎自動車道へ繋がるICが2か所設置されていますので、九州各県に簡単にアクセスが可能となっています。
大型のショッピングモールはありませんが、イオンタウン諫早西部台などの複合型施設があります。同じ複合型でアクロスプラザ諫早があり、ドラッグストアや西松屋などのお店が軒を並べていますので、日々のお買い物から休日のショッピングにおすすめです。
2022年度には、九州新幹線西九州ルートが開業予定で、停車駅である諫早駅周辺の再開発が着々と進んでいます。野球場やサッカー場などのスポーツ施設も新たに充実し、多方面で生活環境が向上している諫早市です。

諫早市の地域情報

諫早市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめのエリアと坪単価相場

諫早市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめのエリアと坪単価相場

諫早市で一番人気のエリアは「元諫早」で坪単価相場は19万6595円/坪(2021年)です。市役所がある駅周辺のエリアです。高校から保育園まで近隣にあるので住宅密集地となっています。
二番目に人気のエリアは「諫早駅」で坪単価相場は16万0330円/坪(2021年)です。市の中心地となります。駅前にはホテルや飲食店、病院などがあります。
三番目に人気のエリアは「喜々津」で坪単価相場は13万7520円/坪(2021年)です。綺麗に区画整理された住宅地があるエリアです。ドラッグストアのコスモスやお店もたくさんありますので住みやすい環境のエリアです。

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違い

大手ハウスメーカーと工務店の違いは大きく分類すると、ハウスメーカーは全国展開していて対応エリアが広い点です。仕様や規格が統一化されているので工事が短くスムーズに進み、保証も手厚く、商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感も高いです。 工務店は地域密着型で、会社によって得意な工法やデザイン性は異なりますが、間取りやデザインの自由度が高いという点、担当がずっと変わらないので安心と信頼があるのが魅力です。またマンションや戸建てのリフォームやリノベーションにも強く、予算を抑えたい方にもおすすめです。お客様のライフスタイルをしっかりと伺い、土地物件の環境や条件を考慮し、完成まで1件1件丁寧にお家づくりを進める会社が多いです。どちらを選択しても職人さんの高い技術は変わりません。

諫早市の住宅展示場(モデルハウス)情報

住宅展示場(モデルハウス)情報

KTNハウジングギャラリーIN喜々津
諫早市多良見町市布1473
TEL 0957-43-6818

信頼と実績のあるハウスメーカー9社の自慢のモデルハウスをご覧いただけます。

諫早市の特徴

諫早市の特徴

諫早市は長崎県のほぼ中央に位置する市で、長崎市、佐世保市に次ぎ長崎県で第3位、九州では第14位の人口を有する都市です。
市の中央部を流れる本明川は、市街地を通って有明海に注ぎ、下流の諫早平野は県下最大の穀倉地を形成しています。肥沃な丘陵地帯は野菜やみかんの特産地です。
また古くから干拓が進められ、「諫早中核工業団地」の形成や「九州横断自動車道」の開通により県内の産業拠点として発展しています。諫早中核工業団地を中心に電子機器、半導体、航空宇宙関連など先端技術企業の進出が相次ぎ、従業者数、製造品出荷額等において大幅な伸びを示すなど県内の産業拠点として発展しています。また、 固定資産税の3カ年課税免除や奨励金の交付など工場等設置についての奨励措置も行っています。
市内には大きな図書館が4カ所あり、そのうち蔵書数30万冊を誇る核となる諫早図書館、海の見えるたらみ図書館、木造では日本最大級の森山図書館の3館の連携を図り、市民の教育と文化の発展に寄与しています。
観光面では「眼鏡橋」があり、天保10(1839)年建設、当時の領主・領民が永久不壊の願いを込めて本明川に架けた石造りのアーチ橋です。石橋では日本で最初に国の重要文化財に指定されました。

諫早市の教育・医療情報

教育・医療情報

諫早市には鎮西学院をはじめ、専門学校など多くの学校が充実しています。保育園や幼稚園も充実していますし、学童保育も実施していますので共働きの家庭をしっかりサポートしてもらえます。
子ども医療費は0歳から中学卒業まで月ごと、医療機関ごとに、1日につき800円、月額上限1,600円の自己負担となっています。入院費は助成の上限はありませんが、医療保険から支給される高額療養費や附加給付などがあればその制度を優先となります。
その他医療面では、7つの総合病院と個人病院が点在していますので、急なケガや病気になった際も安心して治療を受けることが出来ます。

諫早市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

諫早市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

最近ではSNSやホームページに建築実例を載せている会社も多いので、それらを活用して気になる施工事例や建築素材があれば気軽に問合せをしてみるといいかもしれません。
ホームメーカーや工務店にカタログや資料請求などしてみるのもおすすめです。カタログは自宅まで届けてくれて、会社の詳細をゆっくり見ることが出来るのでおすすめです。
気になる会社が絞れて来たら見学会やモデルハウスに足を運んでみてください。実際に見て触れて体感していただくと、どんな断熱材を使っているか、どんな耐震構造なのか、どんな素材を使っているか、湿気対策はどうしているか・・・などその会社の取り組みや特徴がすべてわかります。間取りや家事動線・収納・お客様のイメージするリビング(LDK)や子供部屋・寝室・書斎・駐車場・㎡数や延床面積・お気に入りの家具や棚の必要な大きさなど、設計士さんとサンプルを見て体験していると今後打合せをする際に、具体的に想像しやすくなります。
中には、性能や設備に優れた省エネで快適な全館空調のお家などを提案してくれる会社もあります。街の不動産に行けば、こだわりの条件(〇丁目、2階建て、駅から徒歩10分以内など)を独自の検索網で調べてもらえて色々な情報を得ることができます。

当社では高性能を重視した一年中快適で健康に過ごせる全館空調のシステムを取り入れたお家をご提案しています。信頼と実績のあるスタッフがお客様のライフスタイルに合わせてプランニングさせていただきます。また完成後もアフターメンテナンス専門のスタッフが在籍しておりますので、安心安全のメンテナンス計画に基づき、長期訪問点検を実施しています。
一生に一度と言われるマイホームの購入は決して安い買い物ではないので、予算や希望を担当者としっかりと相談し、夢のマイホームを実現させてください。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅
     

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ、どのようにオーダーメイドするのか考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

     

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。オーダーメイドの注文住宅だからこそあなたの希望のデザインを叶えます。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 諫早市担当工務店の情報

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。