対応エリア 守口市

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

上棟

北九州市小倉北区

上棟式
上棟式とは一般的に建物を建築するにあたり、柱や梁などの骨組みを組み立ててから、屋根の一番上にある木材(棟木)を取り付けるところまでを言います。上棟式は、無事に建方が完了したことを喜ぶお祝いの儀式で、建ててくれた職人さんに感謝し、今後の工事の無事を祈るものです。

外壁下地工事

宗像市

外壁工事
外壁工事で一番最初に行う防水シート施工中です。
この防水シートを施工後、モルタルによる下地造り、そして最後の仕上げを左官仕上げで行います。

上棟

福岡県行橋市

上棟式
上棟式とは一般的に建物を建築するにあたり、柱や梁などの骨組みを組み立ててから、屋根の一番上にある木材(棟木)を取り付けるところまでを言います。上棟式は、無事に建方が完了したことを喜ぶお祝いの儀式で、建ててくれた職人さんに感謝し、今後の工事の無事を祈るものです。

守口市の土地・不動産情報

守口市の土地の坪単価の相場

坪単価 40~60万円 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

守口市の土地・物件探しポイント

守口市は大阪府の中北部に位置する人口14万人の都市です。大阪平野のほぼ中央部に位置し、北側は淀川に面しており、門真市を取り囲む形で形成されておりベッドタウンを形成する衛星都市の一つです。
交通では京阪本線とOsakaMetro谷町線、OsakaMetro今里線、大阪モノレールの4本の鉄道が縦横に市内を走り、計8駅が市民の通勤・通学を支えています。京阪本線「守口市駅」から「京橋駅」までは準急で約5分、OsakaMetro御堂筋線「梅田駅」までは約15分と、都心へのアクセスが良好です。京都や奈良へも京阪電車を使えばスムーズにアクセスできます。また、大阪モノレール「大日駅」からは大阪空港まで約30分。飛行機の利用にも便利です。南北には中央環状線、東西には国道一号線という主要道路が走ります。また、2014年3月に阪神高速と近畿自動車道を接続する守口JCTが開通したことで、大阪市内や吹田方面へのアクセスがしやすくなりました。市内には、守口駅を起点とする京阪バスや、大阪駅や天満橋方面の路線がある大阪シティバスがあります。また大阪市旭区のコミュニティバスの「あさひあったかバス」も経路の一部が守口市を通っています。
守口市は幹線道路沿いに多くのショッピング施設が多く、ところどころにきれいな公園や自然があり住みやすい街です。京阪本線「守口市駅」東口直結の「京阪百貨店」や、OsakaMetro谷町線および大阪モノレール「大日駅」直結の「イオンモール大日」など、人気のファッション店やグルメ店が入っている大型商業施設が駅前にあります。また、市内23箇所には、昔ながらの商店街も。大型店とはまた違った雰囲気で、のんびりと食事や買い物を楽しむことができます。
アクセス面で利便性が高く、生活機能が充実していることから、ベッドタウンとして人気の高い守口市。駅前にはマンションが多いですが、大通りから中に入ればアットホームな雰囲気が漂い、一戸建ての住宅街が広がっています。このエリアでは土地や古家を解体して新築を建てるケースが多い傾向にあります。またマンションのリノベーションも多いエリアとなっています。耐震基準を満たし、設備の傷みが少ないマンションであれば、便利さではこのエリアは人気があります。新築都市型マンションは高額になりすぎてというお客様に、通勤には便利で自然豊かなマンションライフをお好みにあったフルリノベーションでおしゃれに、自分スタイルで快適なマンション生活もおすすめです。

守口市の地域情報

守口市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめエリアと坪単価相場

守口市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめエリアと坪単価相場

守口市の土地相場価格→坪単価 約49万円~59万円/坪
京阪守口駅・地下鉄太子橋今市周辺エリアは土地相場価格は60~80万円/坪
地下鉄大日駅エリアは土地相場価格は40~50万円/坪
京阪西三荘駅エリアは土地相場価格は50~55万円/坪
鶴見緑地エリアは土地相場価格は45~60万円/坪
北部(金田町)リバーサイドエリアは土地相場価格は40~45万円/坪
守口市駅周辺の土地は多くの地元地主さんが所有しており、売りに出ることは少なく、土地貸し文化があるあるエリアです。

建築補助金としては、【木造住宅耐震改修補助】シェルター設置工事の場合、耐震改修工事の9/10又は50万円のうち低い額。シェルター設置以外で長屋又は共同住宅の場合、50万円×戸数又は、1m2につき5,300円のうち低い額。それ以外の場合、耐震改修工事費又は50万円のうち低い額、1981年5月31日以前に建てられた木造住宅に補助がでる制度がある。

守口市のハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違い

守口市の住宅は、大手電鉄会社、京阪電鉄が交野線沿いは分譲地として開発してきたこともあり、土地付き一戸建てで街として住宅街が造らていて、町並みがきれいなエリアが多いエリアです。
特徴として、便利が良い分土地価格が高く、マンションが多く建てられています。戸建て住宅をご希望であれば、リバーサイドや西三荘駅・鶴見緑地公園付近のエリアが人気です。又、狭小地での建築も多く、小さい土地でも広く感じることができる設計士や工務店様の住宅が人気です。ファミリー層からDINKS層まで様々なご要望に対応ができる住宅となれば、ハウスメーカーよりも、一からプランを設計してもらえる工務店や設計士に人気があります。
大手ハウスメーカーと工務店の違いは大きく分類すると、ハウスメーカーは全国展開していて対応エリアが広いです。仕様や規格が統一化されているので工期が短くスムーズに進み、商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感も高いです。 工務店は地域密着で、会社によって得意な工法やデザインは異なりますが、間取りやデザインの自由度が高いという点、担当がずっと変わらないので安心と信頼があるのが魅力です。またマンションや戸建てのリフォームやリノベーションにも強く、予算を抑えたい方にもおすすめです。またお客様のご家族構成にあった住まい・暮らし方を伺い、土地物件の環境や条件を考慮し、完成まで1件1件丁寧にお家づくりを進める会社が多いです。

守口市の住宅展示場(モデルハウス)情報

住宅展示場(モデルハウス)情報

守口市近郊の住宅展示場として、花博記念公園ハウジングガーデンがあります。
大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線『鶴見緑地駅』から徒歩6分。ハウスメーカーから地元の工務店まで、多くのモデルハウスが建築されており、見て・触って・感じて・学んでと、家族がたのしんでお家のことを学べる住まいのテーマパークとして人気があります。お家を建てる前に役にたったと8割の人がアンケートに答えています。
大阪の中心部 守口市の住宅は、断熱・気密・省エネ・耐震・耐火・高耐久性能と高い性能、一戸建て新築住宅が人気で、モデルハウスに行くとお家づくりに必要な建築知識や暮らしの知恵や新しい新商品のカタログも揃っていて、モデルハウスなので、間取りや生活動線・収納・お客様のイメージするリビング(LDK)や子供部屋・寝室・書斎・㎡数や面積・家具や棚の必要な大きさなど、設計士さんと実例やサンプルを見るのも体験していると今後お打合せするのに、空間のスペースや照明イメージやデザイン・スイッチの種類やコンセントの位置や高さなど日々の生活がどうなるかの感覚がわかりますし、不動産屋さんに相談する時も、土地条件から建築イメージもこれだけは叶えたいなという条件も絞られてくると思います。実際に触って体感することができるので多くのご家族がご利用しています。

守口市の特徴

守口市の特徴

守口市はPanasonicをはじめ多くの家電メーカーの企業城下町として発展を遂げ、成熟した都市としての機能を備えました。
守口市の北側は広範囲にわたって淀川に接しており、河川敷には広大な親水空間「淀川河川公園」が整備されています。テニスコートや野球場、陸上トラックを備えたグラウンド(有料施設)や芝生広場、バーベキュー広場などがあり、スポーツをしたり花見をしながら低価格でバーベキューを楽しんだりと、年間を通して利用者で賑わっています。
守口市と大阪市鶴見区にまたがって位置している「花博記念公園鶴見緑地」の敷地内には、有料で利用できる乗馬コースや温水プール、パークゴルフ場といったスポーツ施設のほか、機材をレンタルできるバーベキュー場や、2泊まで連泊可能なキャンプ場があり、ファミリーでのレジャーにもピッタリです。また、約5,500種もの植物が栽培展示されている屋内植物園「咲くやこの花館」を併設されており、オールシーズン楽しめる公園です。

守口市の教育・医療情報

教育・医療情報

守口市の人口は、14万人。子育て支援は市独自で、0~5歳児までの利用料は無償化・大阪府の取組で高校無償化と進んでおり、待機児童もゼロ。令和6年まで増加を見込んだ計画が実施されています。子供の給食費副食費の無償化補助も実施している。健康な子供たちの環境づくりを実施している街です。
教育においては、小中学校一貫教育を実施するさつき学園も運営が始まっている。
医療制度は、関西医大や松下記念病院と人気の総合病院があり、商業施設に隣接した医療ビルもあり、便利に生活ができる環境は整っている。
守口市のイベントも多く、市民まつり 市民文化祭 市子どもまつり いきいきふれあい祭 市美術展覧会 春・秋の植木市 と育つ・にぎわう・響きあう ひとと心が集うまちを目指して活動が活発です。
歴史と環境では、
地名の由来として、豊臣秀吉による大坂城築城に伴う「まもり口」が転じて「守口」となったとするのは俗言である。昭和38年発刊の守口市史(本文編第1巻)によれば室町期には既に下仁和寺庄森口/守口村と2つの表記が存在しており、初期は前者の表記が多く見られる。同書は守口周辺から生駒山地(特に飯盛山)へ広がっていた原生林の入り口の意から生じた「森口」が、石山本願寺/大坂城との関係で軍事的意味の「守口」に変化したと結論している。

東海道の宿場町として栄えており、
【文禄堤】
現在の枚方市から大阪市長柄まで全長27km続くとされる堤防で文禄3年(1594年)に豊臣秀吉が毛利輝元・小早川隆景・吉川広家に淀川の改修工事を命じて慶長元年(1596年)に建設した淀川左岸の堤防道です。堤防の上は大阪と京都を結ぶ最短路である京街道(または大坂街道)であり、後に東海道と呼ばれるようになりました。度重なる淀川の改修等で堤の多くは姿を消しており、ここ守口にのみその面影を偲ぶことができる貴重な文化財です。
【三洋ミュージアム】
戦後間もない時代に「小さくても心のこもった仕事をしたい」という思いを胸に井植歳男氏が創業した三洋電機。以来、半世紀余りの間、様々な家電製品を作り出してきた。その設立50周年を記念して守口市に開設されました。井植氏の足跡や、様々な実物製品や資料を展示しており、先人達の創造の軌跡や日本の家庭電化の変遷、産業都市・守口にある大企業の歴史を学ぶことが出来ます。

【天乃神社】
祭神は素戔鳴尊・誉田別尊・菅原道真公であり、江戸時代には天神社・天神宮と呼ばれていました。
寛文10年(1670年)に当地方を領有していた竹内門主親王によって、祭神である菅原道真公の木像を授けられ、社殿を改築したといわれています。
現在の本殿に安置されている旧本殿は、柿葺の一間社春日造で向拝に蟇股2箇を並べた類例のない形式を持つなど江戸時代初期を下らない特徴をもつ貴重な建物です。

守口市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

守口市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

最近ではSNSやホームページに建築実例を載せている会社も多いので、それらを参考に気になる施工事例や建築素材があれば気軽に問合せをしてみるといいかもしれません。
ホームメーカーや工務店にカタログや資料請求などしてみるのもおすすめです。カタログは自宅まで届けてくれて、会社の詳細をゆっくり見ることが出来るのでおすすめです。
気になる会社が絞れて来たら見学会やモデルハウスに足を運んでみてください。実際に見て触れて、どんな断熱材を使っているか、どんな耐震構造なのか、どんな素材を使っているか、湿気対策はどうしているか・・・などその会社の特徴がすべてわかります。間取りや生活動線・収納・お客様のイメージするリビング(LDK)や子供部屋・寝室・書斎・駐車場・㎡数や延床面積・お気に入りの家具や棚の必要な大きさなど、設計士さんとサンプルを見て体験していると今後打合せをする際に、具体的に想像しやすくなります。
中には、性能や設備に優れた省エネで快適な長期優良住宅などを提案してくれる会社もあります。街の不動産に行けば、こだわりの条件(〇丁目、2階建て、駅から徒歩10分以内など)を独自の検索網で調べてもらえて色々な情報を得ることができます。

当社では長期優良住宅を基準仕様にしてお客様にご提案しています。住宅イベントや無料相談も実施していますし、ご希望の土地が対応エリアかどうかはホームページ上でご確認いただけます。また完成後もアフターメンテナンス専門のスタッフが在籍しておりますので、メンテナンス計画に基づき、訪問点検を実施しています。信頼と実績のあるスタッフが、お客様の夢のマイホームの実現に向けて精一杯お手伝いいたします。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅
     

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ、どのようにオーダーメイドするのか考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

     

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。オーダーメイドの注文住宅だからこそあなたの希望のデザインを叶えます。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 守口市担当工務店の情報

                                                                                                                                                                                                               

つながる家づくり

我々は「職人と施主様がつながる家づくり」をお約束します。

私が担当します!

全スタッフ
会社名 くすのき工務店
所在地 京都府相楽郡精華町下狛本庄7-1
対応エリア
  • 相楽郡精華町
  • 京田辺市
  • 城陽市
  • 八幡市
  • 宇治市
  • 長岡京市
  • 奈良市
  • 生駒市
  • 生駒郡
  • 大和郡山市
  • 枚方市
  • 寝屋川市
  • 交野市
  • 門真市
  • 守口市
  • 高槻市
  • 茨木市
  • 吹田市
  • 豊中市
  • 箕面市
  • 伊丹市
  • 宝塚市
  • 西宮市
  • 芦屋市
  • 川西市
  • 三田市
       

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。