対応エリア 堺市

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

基礎工事

京都府八幡市

基礎工事は、建物と地盤のつなぎ目となる基礎(土台)を作る工事で、建物の丈夫さを左右する重要なものです。
基礎工事の流れは、まず初めに敷地慣らしを行い、地盤からの湿気やシロアリの浮上を防ぐシートを施工、その後鉄筋を組み、最後にコンクリートを流し込んで完了します。
鉄筋の太さや組み込む間隔、コンクリートの補正温度によって強度が変わる為、事前の確認が重要です。

仕上工事

熊本県葦北郡

仕上げ工事は、クロス貼り・各設備の配置・フローリングや建具材の仕上げ・外構工事・クリーニング・電気工事など建物の直接目に触れる部分の最終工程のことを指します。天井、壁と順番にクロスが貼られ、洗面化粧台、シャワートイレ、和室の畳がそれぞれ搬入・設置されます。外では外構工事と玄関のポーチタイル設置などが行われます。そして全ての工程を終えると、完了検査へと移ります。

着工準備中

山口県下関市

現在、着工に向け準備中です。

堺市の土地・不動産情報

堺市の土地の坪単価の相場

坪単価 43~53万円 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

堺市の土地・物件探しポイント

堺市は大阪府の中南部に位置する人口約82万人の都市です。大阪市に隣接している堺市は、大阪市に通勤する人が多くベッドタウンとして発展してきました。面積と人口に関しても大阪市に次ぐ第二位の都市です。
堺市の特徴は、エリアごとに住環境の雰囲気が異なっています。大阪市から近い市の北側は大阪市まで通勤している人の割合が多く、企業が保有する社宅も多い点が特徴です。このエリアは需要が高いので、マンションの開発や建設が進められ、転勤族の人も沢山住んでいます。一方の南側は、北側と比較すると自然が多いので田舎に似た雰囲気。その分だけ地価も北側より安いため、「大阪市内に通勤がしやすい場所に一軒家を購入したい」と希望する人が南側を選ぶことが多いようです。
鉄道はJR西日本の阪和線、南海電気鉄道の南海本線と高野線、泉北高速鉄道の泉北高速鉄道線、大阪メトロの御堂筋線、阪堺電気軌道の阪堺線があります。南側を通るのは泉北高速鉄道だけですが、南海高野線との相互直通運転によって、乗り換えしなくても大阪中心部に移動できて便利です。住みやすさについては、どこの駅の周りにも店舗が集中しているので、買い物が不便だと感じることはないでしょう。マイカーがなくてもバスが頻繁に運行していますし、カーシェアリングも充実しているので、堺市中心部では不便を感じることはありません。逆に市の南側はマイカーがある方が生活しやすい環境となります。
堺市には規模の大きな商業施設で言えば、南側エリアは「泉ヶ丘駅」周辺の『泉北タカシマヤ』『ジョイパーク泉ヶ丘』などがあります。北側エリアには『イオンモール』が2か所もあり、他にも多くの商業施設が集中していて、日々のお買い物から休日のショッピングにおすすめです。
堺市に暮らす年齢層を見ると、ベッドタウン化したことによって30代から40代前後のファミリー層の割合が増えています。そのため、子育て真っ最中の家庭が多く、同じ年頃の子供がいるママ友もできやすい環境と言えるでしょう。

堺市の地域情報

堺市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめエリアと坪単価相場

堺市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめエリアと坪単価相場

堺市で一番人気のあるエリアは「堺市北区」で坪単価相場は71万7482円/坪(2022年)です。市で一番人口が多い大阪市のベッドタウンで大阪メトロが南北に貫いています。住宅がひしめき合っているほか、飲食店や商店などが入る建物が立ち並んでいます。
二番目に人気のエリアは「堺市堺区」で坪単価相場は58万4024円/坪(2022年)です。行政機関やシティホテルといった堺市都心部の機能が集積した中心部です。
三番目に人気のエリアは「堺市西区」で坪単価相場は46万5212円/坪(2022年)です。工業地帯である西区は、人気のバラ園や野球場を併設した浜寺公園があり、工場や発電所が並ぶ水辺の風景が印象的です。湾に面する共生の森は自然を守るために整備された場所で、釣りスポットでもあります。

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違い

大手ハウスメーカーと工務店の違いは大きく分類すると、ハウスメーカーは全国展開していて対応エリアが広い点です。仕様や規格が統一化されているので工事が短くスムーズに進み、保証も手厚く、商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感も高いです。 工務店は地域密着型で、会社によって得意な工法やデザイン性は異なりますが、間取りやデザインの自由度が高いという点、担当がずっと変わらないので安心と信頼があるのが魅力です。またマンションや戸建てのリフォームやリノベーションにも強く、予算を抑えたい方にもおすすめです。お客様のライフスタイルをしっかりと伺い、土地物件の環境や条件を考慮し、完成まで1件1件丁寧にお家づくりを進める会社が多いです。どちらを選択しても職人さんの高い技術は変わりません。

堺市の住宅展示場(モデルハウス)情報

住宅展示場(モデルハウス)情報

ABCハウジング美原住宅公園
大阪府堺市美原区青南台2-1-1
072-363-0124

信頼と実績のある11社のハウスメーカーの自慢のモデルハウスを見学できます。

堺市の特徴

堺市の特徴

貿易都市・商業都市として栄えた堺市は、包丁や自転車、木造灯台や鉄道(現南海電鉄)など堺で生まれたものが全国へ広がっていきました。他にも、堺線香、堺五月鯉幟、堺和ざらし浴衣、堺昆布(酢昆布など)、堺土人形、自転車、家具木材(大阪木材工場団地)、堺式手織緞通(敷物、日本敷物団地)和菓子、地酒なども堺で生まれています。
また、大阪湾に面した堺市は、世界最大の墳墓である仁徳天皇陵古墳をはじめ、神社などの歴史的な建造物や博物館などの文化施設が豊富な文化的な市です。日本でも最大級の古墳が密集する大仙公園エリアは世界三大墳墓である全長486メートルの「仁徳天皇陵古墳」や、巨大前方後円墳の雄大さを間近で体感できる「履中天皇陵古墳」など様々な特徴をもった古墳を巡ることが出来ます。
400年以上前から続く歴史を感じられる旧市街地の環濠エリアは、元和の町割りで短冊状に形成された町の骨格に加え、山口家住宅や清学院をはじめとする町家や寺社など、歴史的建築物が多く残っています。

堺市の教育・医療情報

教育・医療情報

堺市には大阪府立大学をはじめ、私立大学や短期大学、専門学校などが充実しています。2024年には近畿大学医学部の移転が予定されています。各地域に高校から小学校まで充実していますし、学童保育も実施していますので、共働きの家庭をしっかりサポートしてもらえます。
また、市の小学校や中学校も教育レベルが年々高まる傾向にあります。公立学校にも人気の高い学校が増えていますし、堺市は子供の学力向上に力を注いでいるので教育熱心な人にも好まれています。
堺市は全体的に病院が多く、全国規模で見ても一人あたりの病院数が多い傾向があります。眼科や小児科の専門病院も多いので、子供がいる家庭も安心です。また、待機児童の問題が社会的な課題として取り上げられることがありますが、堺市では待機児童削減への取り組みが強化されています。
特に堺市の北側に引っ越してくるファミリー層が増加していますが、それでも毎年の待機児童は10名以下。認可保育園を増設するなど、子育て世代に嬉しい環境になっています。

堺市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

堺市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

最近ではSNSやホームページに建築実例を載せている会社も多いので、それらを活用して気になる施工事例や建築素材があれば気軽に問合せをしてみるといいかもしれません。
ホームメーカーや工務店にカタログや資料請求などしてみるのもおすすめです。カタログは自宅まで届けてくれて、会社の詳細をゆっくり見ることが出来るのでおすすめです。
気になる会社が絞れて来たら見学会やモデルハウスに足を運んでみてください。実際に見て触れて体感していただくと、どんな断熱材を使っているか、どんな耐震構造なのか、どんな素材を使っているか、湿気対策はどうしているか・・・などその会社の取り組みや特徴がすべてわかります。間取りや家事動線・収納・お客様のイメージするリビング(LDK)や子供部屋・寝室・書斎・駐車場・㎡数や延床面積・お気に入りの家具や棚の必要な大きさなど、設計士さんとサンプルを見て体験していると今後打合せをする際に、具体的に想像しやすくなります。
中には、性能や設備に優れた省エネで快適な全館空調のお家などを提案してくれる会社もあります。街の不動産に行けば、こだわりの条件(〇丁目、2階建て、駅から徒歩10分以内など)を独自の検索網で調べてもらえて色々な情報を得ることができます。

当社では高性能を重視した一年中快適で健康に過ごせる全館空調のシステムを取り入れたお家をご提案しています。信頼と実績のあるスタッフがお客様のライフスタイルに合わせてプランニングさせていただきます。また完成後もアフターメンテナンス専門のスタッフが在籍しておりますので、安心安全のメンテナンス計画に基づき、長期訪問点検を実施しています。
一生に一度と言われるマイホームの購入は決して安い買い物ではないので、予算や希望を担当者としっかりと相談し、夢のマイホームを実現させてください。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅
     

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ、どのようにオーダーメイドするのか考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

     

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。オーダーメイドの注文住宅だからこそあなたの希望のデザインを叶えます。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 堺市担当工務店の情報

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。