将来を考えた変化ができるお家

片流れのシンプルな外観

片流れのスッキリした屋根に、ベースにネイビーの塗り壁を採用。アクセントにはレッドシダーの天然木材でスッキリシンプルな外観に。形のシンプルさを邪魔しない塗り壁とアクセントの天然木が綺麗な外観。

広々L型のゆとりあるLDK空間

広々としたL型のLDK空間。つながりのある洋室は二方向に開放が可能で、より広さを意識した間取りになっています。リビング部分には大きな吹抜けを設け、縦にも広さを意識した空間に。

吹抜けからの採光を考えたリビング

プライバシー確保も考えリビング空間の自然光は吹抜けの大きなFIX窓から取り入れるようにしました。高いところから自然光を取り入れることで、外からの人の目線は気にせず、尚且つ、お昼間にはたっぷりと採光を取り入れることができます。

将来は寝室に使えるリビング続きの洋室

LDKとの続き間洋室、小さなお子様がいるときは、遊び場として、将来ご夫婦名の生活の時には寝室として、和室を造るパターンも多いですが、将来の生活を考え洋室にしています。

玄関ホールの大容量収納

玄関ホールには、シューズクロークとは別に、ウォークイン収納を設置、平屋にするには土地の広さが足りないときには、1Fに大容量のウォークインスペースがおすすめです。

お客様を出迎えてくれる飾り棚

ホールの扉を開けると、正面の壁にある、掘り込みの飾り棚、お客様の来客に合わせて飾り付けできるスペースがあると、日々の生活に楽しみが生まれます。

デニム調のトイレアクセント

トイレのアクセント壁紙にはデニム生地風の壁紙を採用。全体的にナチュラルな内装の中で、トイレには少し大胆なアクセントで、楽しみを追加しています。

サイドダイニングで、家事効率アップ

ペニンシュラ型キッチンの横に配置した、サイドダイニングスペース、食事の際の家事効率はもちろんですが、お子様の将来の勉強もママのそばでいつも楽しめます。

施工のポイント

将来の生活の変化を想像しながらの間取り造り、一階の洋室はそんな要望を叶えるスペースにしています。平屋を建築希望の方が年々増える中、敷地の問題などで、なかなか叶わないときには、将来の生活スタイルを考えて、一階を充実させることがおすすめです。

このお家の性能値

断熱数値(Ua値) : 0.42W/m²・K(基準値 : 九州 0.87 北海道 0.46)
気密数値(C値) : 0.9cm²/m²(過去基準値 : 5)

断熱数値(Ua値)について

Ua値とは住宅の断熱性能を数値的に表したもので、外壁や天井・床などの住宅の各部位の「熱損失量」を合計し、その熱損失量を、住宅の外側の総面積である「総外皮面積」で割って計算します。Ua値の値が小さいほど断熱性能が高い住宅ということになります。

気密数値(C値)について

C値とは隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)のことで、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、この数字が小さいほど気密性が高くなります。つまり、現場の施工精度ということもでき、「家中の隙間を集めるとどれくらいになるのか」を表す数値になります。

DATA

所在地 福岡県
施工面積 119.17㎡/36.05坪
間取り 4LDK
構造 在来木造
面積 105.99㎡/32.07坪
工期 130日
施工費用 2,000万円 ~ 2,500万円
デザイナー 藤野

他の施工事例はこちら

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。