ロフトが嬉しい子ども部屋

ボリューム感を感じる外観

駐車場スペースを考え、飛び出した1階部分が迫力を感じる外観。全体をホワイトで統一したことでボリューム感を感じる外観になっています。

続きまで広々

元々広いLDK、に続き間の和室を角に配置。二面に引込戸を設置することで、和室として使用しないときに開け放つことで、より広さを感じることができます。

ペットも喜ぶ、土間スペース

階段下のスペースを利用した、ワンちゃん専用の土間スペース。雨降りや雪の降るときでも、愛犬も安心して暮らせます。

落ち着きのある和室

落ち着きのある色合いでまとめた和室空間。少しゆっくりしたいときや、しんみりお酒を楽しむときに最適。

黒板付きのスタディースペース

二階ローカには、黒板付きのスタディスペース。思いついたらすぐに好きなだけ書き込めるので、お子さんも毎日が楽しく過ごせるスペース

化粧梁が印象的な大きな吹抜け

リビング上部に設置した、大きな吹抜け、リビングでゆっくりしていても、二階のスタディーコーナーにいるお子様とのコミュニケーションを重視。

夢のロフトスペース

お子様の希望であるロフトを各部屋に設置。高気密高断熱だから、ロフトスペースも一年中快適に暮らせます。

落ち着き重視のトイレスペース

少し和を感じさせてくれる壁紙で、落ち着きを重視した、トイレ空間。

施工のポイント

しっかりとした広さを重視した住まい、一階床にはブラックウォルナットの無垢材を使用し、全体的には落ち着きのある雰囲気にまとめています。二階部分は、子供の遊び心を重視したスペースが満載です。

このお家の性能値

断熱数値(Ua値) : 0.41W/m²・K(基準値 : 九州 0.87 北海道 0.46)
気密数値(C値) : 0.2cm²/m²(過去基準値 : 5)

断熱数値(Ua値)について

Ua値とは住宅の断熱性能を数値的に表したもので、外壁や天井・床などの住宅の各部位の「熱損失量」を合計し、その熱損失量を、住宅の外側の総面積である「総外皮面積」で割って計算します。Ua値の値が小さいほど断熱性能が高い住宅ということになります。

気密数値(C値)について

C値とは隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)のことで、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、この数字が小さいほど気密性が高くなります。つまり、現場の施工精度ということもでき、「家中の隙間を集めるとどれくらいになるのか」を表す数値になります。

DATA

所在地 福岡県北九州市
施工面積 130.61㎡/39.51坪
間取り 4LDK
構造 在来木造
面積 114.07㎡ /34.51坪
工期 130日
施工費用 2500万円~3000万円
デザイナー 藤野

他の施工事例はこちら

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。