家族が楽しむライブラリーがあるお家

三角屋根のおしゃれなアメリカンハウス

淡いブルーの外壁に、白い柱が目立つカバードポーチがある、おしゃれなアメリカンハウス。限られた敷地を考え屋根の軒先等工夫を凝らしています。

家族みんなが楽しめる広々LDK

家族みんなが楽しく過ごせるように、LDKの広さを重視、限りのある広さは吹抜けを設けることで開放感を出し、カバーしています。

古材を組み合わせたキッチン

キッチン腰壁には、古材をスライスした板を貼り、外観に負けないアメリカンな雰囲気を演出。

ライブラリー付のリビング空間

リビングに設置したライブラリー空間、計画当初からの奥様の要望で、広さ、使い勝手をしっかり考え、子供たちのいろいろを詰め込んでもきっちり、納まるスペースに。

ご主人こだわりの本棚

寝室には、数少ないご主人様の陽動である、本棚を造作、かなりの量の本が収納できるように、壁一面に設置することで、きれいなインテリアにも大変身。

三角がポイントのファミリークローク

三角垂れ壁が印象的なファミリークローク、収納入り口も垂れ壁の形を変えることで、一つのポイントに代わります。

かっこいいがテーマのトイレ

モルタル調や、きれいなタイル調のクロスをアクセントに選んだ、かっこいいがテーマのトイレ空間。

アクセントが光る三角ニッチ

アクセントのブルーがポイントの三角ニッチ、ファミリークロークの入り口同様、少しの工夫で印象が大きく変わります。

施工のポイント

内装のイメージがはっきりしていた、奥様のご要望を叶えるのに、敷地の利用を工夫。サイズに限りがある敷地を考え、屋根の形や建物の高さに工夫をしています。

このお家の性能値

断熱数値(Ua値) : 0.47W/m²・K(基準値 : 九州 0.87 北海道 0.46)
気密数値(C値) : 0.6cm²/m²(過去基準値 : 5)

断熱数値(Ua値)について

Ua値とは住宅の断熱性能を数値的に表したもので、外壁や天井・床などの住宅の各部位の「熱損失量」を合計し、その熱損失量を、住宅の外側の総面積である「総外皮面積」で割って計算します。Ua値の値が小さいほど断熱性能が高い住宅ということになります。

気密数値(C値)について

C値とは隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)のことで、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、この数字が小さいほど気密性が高くなります。つまり、現場の施工精度ということもでき、「家中の隙間を集めるとどれくらいになるのか」を表す数値になります。

DATA

所在地 山口県下関市
施工面積 119.24㎡/36.08坪
間取り 3LDK
構造 在来木造
面積 101.03㎡/30.57坪
工期 130日
施工費用 2000万円~2500万円
デザイナー 藤野

他の施工事例はこちら

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。