造作ダイニングテーブル&カウンターがお洒落な平屋

アースカラーのモダンな和風外観

アースカラーに二方向の片流れ屋根で落ち着きのあるモダン和風の外観
玄関口にはレッドシダーの無垢材をアクセントに採用し、月日と共に経年変化を楽しめるように。

柱の角材を利用した造作のダイニングテーブル

柱の角材を複数本抱き合わせた、造作のダイニングテーブル、
断面の年輪がそれぞれ違うのが、特徴です。
柱を利用することで、ボリューム感があるが、コストダウンにもなります。

勾配天井で広さをより意識したLDK

リビングとキッチン部分を傾斜の勾配天井にすることで、もともと広いLDKスペースをより広くできるように工夫しました。
床材には白樺の無垢材を採用。白樺の優しい木目がリビング空間を柔らかい雰囲気にしてくれます。

造作カップボードに仕込んだ、快適な仕組み

造作カップボードの格子の奥には、普段壁に配置される、家庭用エアコンを配置した床下エアコンのお家。
床下エアコンにすることで、一年中快適な温度環境を実現。
カップボード内に格子の扉で隠すことで意匠性もしっかり考えています。

キッチンとダイニングを一緒に造作して一体感をより演出

造作のダイニングテーブルをキッチンに組み合わせることで一体感のあるキッチンダイニングスペースに、今回キッチンはセパレートタイプを採用。

モルタル調塗り材を仕上げに用いた造作洗面台

モルタル調塗り材を利用した造作洗面台、水撥ね防止のタイルは少し大きめのもので、少し落ち着きのある雰囲気にしています。

アクセント壁と程良い広さの子供部屋

ライトブルーのアクセント壁を使った子供部屋。
子供部屋の広さは間取りの打ち合わせの際によく議論になるポイント、4.5帖の広さが不安になるパパさん・ママさんが多いですが、ベッドに勉強机を配置してもしっかりしたスペースが可能です。

明かりのもれた夜の外観

外観の夜バージョンです、アースカラーの壁が室内からもれた明かりに少し照らされ、和風っぽさをより演出してくれます。

施工のポイント

CRATCH初の平屋のモデルハウス、床下エアコンもこのモデルハウスで初採用、床下の空気の流れをしっかり計算し、エアコンから少し離れた各個室空間までしっかりと、冷気・暖気を届ける仕組みを考えることが、一番のポイントで計画しました。

このお家の性能値

断熱数値(Ua値) : 0.39W/m²・K(基準値 : 九州 0.87 北海道 0.46)
気密数値(C値) : 0.8cm²/m²(過去基準値 : 5)

断熱数値(Ua値)について

Ua値とは住宅の断熱性能を数値的に表したもので、外壁や天井・床などの住宅の各部位の「熱損失量」を合計し、その熱損失量を、住宅の外側の総面積である「総外皮面積」で割って計算します。Ua値の値が小さいほど断熱性能が高い住宅ということになります。

気密数値(C値)について

C値とは隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)のことで、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、この数字が小さいほど気密性が高くなります。つまり、現場の施工精度ということもでき、「家中の隙間を集めるとどれくらいになるのか」を表す数値になります。

DATA

所在地 福岡県行橋市
施工面積 94.64㎡/28.63坪
間取り 4LDK
構造 木造在来
面積 91.91㎡ 27.8坪
工期 130日
施工費用 2000万円~ 2500万円
デザイナー 藤野

他の施工事例はこちら

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。