Gray&Navyモノトーン色のモダンなお家

二色のモノトーンをミックスしたモダンな外観

グレー&ネイビー二色のモノトーンカラーを合わせた、片流れのモダンな外観に、玄関部分と軒裏に木目をアクセントに採用しました。正面に大きな窓を設置し、シンプルさを強調しています。

LDKの主役!造作アイランドキッチン

LDKの主役になるようなアイランドキッチンには、左官と大工の手作業でモルタル調のカウンターを造作、背面にもホワイトカラーのブリックタイルは貼付、キッチン部分のおしゃれ度をUP!!冷蔵庫のスペースに少しだけ窪みを造り、カップボードと冷蔵庫のラインを揃えるのもきれいに見せる工夫の一つです。

特別な空間を感じさせてくれる工夫

リビングに併設した和室の入り口には、モノトーンの仕上げ材で、和室の特別感を演出しています。入口右に収納兼用のベンチを設置して、大勢のお客さんが来てもみんながゆったりできるように計画。

リビング上に広がる長方形の吹抜け

リビングの上には横長に広がる吹抜けを設置、周辺に住宅が密集するため、リビング上の吹抜けからはいつでも光を届けることができるように大きめの採光用窓を設置して、いつでも光が届く気持ちの良いリビング空間になりました。

二階部分の使い方を工夫

二階部分には将来の子供部屋をあえてフリースペースとして計画しました。子供の成長に合わせてを一つのテーマに考え、お子さんが小さいうちはみんなのシアタールームに、大きくなったら、各自の部屋として利用できるように計画しています。

素材にもこだわりを!!

和室前のベンチには、背面のアクセントに負けないように素材に配慮しています。アッシュの無垢材を採用し、高級感を演出。

R天井の和室空間

階段下を利用した和室には、「そのまま天井の低い和室では」と考え、R型の天井に、天井高さの低い空間が逆に落ち着く雰囲気を出してくれています。

1,2階をしっかり結びつける吹抜け

二階の吹抜け腰壁は、アイアンの格子を採用して、1,2階の繋がりをしっかり意識した間取りにしています。しっかりした性能のお家なら冷暖房効率もあまり気にしなくて吹抜けを計画できます。

施工のポイント

建築関係者のご主人の要望を叶えるため、メインになるリビングにはいろいろなアクセントを採用したため、うるさくならないようにカラーの統一感を意識してコーディネートしています。二階のフリースペースは家族構成の変化に対応しやすいように提案して、変化のできる間取りを提案しました。

このお家の性能値

断熱数値(Ua値) : 0.37W/m²・K(基準値 : 九州 0.87 北海道 0.46)
気密数値(C値) : 0.4cm²/m²(過去基準値 : 5)

断熱数値(Ua値)について

Ua値とは住宅の断熱性能を数値的に表したもので、外壁や天井・床などの住宅の各部位の「熱損失量」を合計し、その熱損失量を、住宅の外側の総面積である「総外皮面積」で割って計算します。Ua値の値が小さいほど断熱性能が高い住宅ということになります。

気密数値(C値)について

C値とは隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)のことで、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、この数字が小さいほど気密性が高くなります。つまり、現場の施工精度ということもでき、「家中の隙間を集めるとどれくらいになるのか」を表す数値になります。

DATA

所在地 福岡県北九州市
施工面積 119.59㎡ 36.18坪
間取り 4LDK
構造 在来木造
面積 108.07㎡ 32.69坪
工期 130日
施工費用 2,500万円~3,000万円
デザイナー 藤野

他の施工事例はこちら

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。