セカンドリビングがある大屋根アメリカンハウス

大屋根のアメリカンハウス外観

迫力のある大屋根にラップサイディングを使ったアメリカンな外観。
2階部分は大屋根の傾斜からできる空間を利用して遊び心のある内部空間にしています。

アンティークな雰囲気のセカンドリビング

アンティークレンガを壁一面に採用し、半個室のセカンドリビングを特別室のような雰囲気に。
レンガの印象に負けないように、飾り付ける備品もアンティーク品をチョイス。

外観に負けないかっこいい雰囲気のLK

外観のアメリカンな雰囲気に負けないようなリビング空間もアメリカンな仕上がりに、セカンドリビングを採用したため、あえてダイニングスペースは外して、リビングを最大限広くなるように工夫しています。

内窓でつながるセカンドリビング

セカンドリビングとリビングキッチン空間をつなぐのは大きめの室内窓。室内窓の格子もマットなブラックに塗装して、アンティークな雰囲気を崩さないようなカラーを選択。

モルタル調塗り壁を使った造作キッチン前カウンター

ダイニングスペースを準備していない為キッチン前には造作のカウンターを準備。全体の雰囲気を壊さないように、モルタル調の仕上げで、カウンター高さを高く設定しい、ハイチェアの似合う仕上にしています。

ヘリンボーンの壁が印象的な腰壁

カウンターの下側には、ヘリンボーンの床を壁面アクセントに採用、アンティークレンガなどをアクセントに使っているため、その他のアクセントも可愛いと思えるスタイルを全てNGにして、全体的にかっこいいと思えるものを採用。

リビングから見たカバードポーチ

リビングの大きな窓の外にはカバードポーチでしっかり屋根のある、テラススペースを準備。
気候の良い季節になれば、外でBBQなどを楽しめるように。

カバードポーチの夜の外観

カバードポーチ付近の夜の外観は、明かりがいろいろな所に反射して、昼間とはまた違う、カッコ良い雰囲気に!

施工のポイント

外観を迫力のある屋根で、しっかりコンセプトの決まった外観にしているので、中に入った瞬間全く違う雰囲気にならないように、計画しているのがポイントです。
仕上の雰囲気はすべて、「これかっこいい」と思えるような仕上げをチョイスして、男性好みの仕上がりにこだわっています。

このお家の性能値

断熱数値(Ua値) : 0.45W/m²・K(基準値 : 九州 0.87 北海道 0.46)
気密数値(C値) : 0.2cm²/m²(過去基準値 : 5)

断熱数値(Ua値)について

Ua値とは住宅の断熱性能を数値的に表したもので、外壁や天井・床などの住宅の各部位の「熱損失量」を合計し、その熱損失量を、住宅の外側の総面積である「総外皮面積」で割って計算します。Ua値の値が小さいほど断熱性能が高い住宅ということになります。

気密数値(C値)について

C値とは隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)のことで、家の気密性(隙間の量)を示す指標です。家全体にある隙間面積(㎠)を延べ床面積(㎡)で割ったもので、この数字が小さいほど気密性が高くなります。つまり、現場の施工精度ということもでき、「家中の隙間を集めるとどれくらいになるのか」を表す数値になります。

DATA

所在地 福岡県北九州市
施工面積 98.03㎡ 29.65坪
間取り 3LDK
構造 木造在来
面積 91.91㎡ 27.8坪
工期 130日
施工費用 2500万円~ 3000万円
デザイナー 藤野

他の施工事例はこちら

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。