対応エリア 佐賀市

お客様の声

現在建築中の建築現場を公開中

基礎工事

福岡県宗像市

基礎工事
基礎工事は、建物と地盤のつなぎ目となる基礎(土台)を作る工事で、建物の丈夫さを左右する重要なものです。
基礎工事の流れは、まず初めに敷地慣らしを行い、地盤からの湿気やシロアリの浮上を防ぐシートを施工、その後鉄筋を組み、最後にコンクリートを流し込んで完了します。
鉄筋の太さや組み込む間隔、コンクリートの補正温度によって強度が変わる為、事前の確認が重要です。

木工事

小倉南区

木工事
大工さんの工事が進行中、木製の階段が設置完了です。

基礎工事

遠賀郡岡垣町

基礎工事
基礎工事は、建物と地盤のつなぎ目となる基礎(土台)を作る工事で、建物の丈夫さを左右する重要なものです。
基礎工事の流れは、まず初めに敷地慣らしを行い、地盤からの湿気やシロアリの浮上を防ぐシートを施工、その後鉄筋を組み、最後にコンクリートを流し込んで完了します。
鉄筋の太さや組み込む間隔、コンクリートの補正温度によって強度が変わる為、事前の確認が重要です。

佐賀市の土地・不動産情報

佐賀市の土地の坪単価の相場

坪単価 5万円〜14万9000円 /坪

※都市部や郊外など地域によっては相場から外れる場合がございます。

佐賀市の土地・物件探しポイント

佐賀市は佐賀県の中東部に位置しており、佐賀県の県庁所在地です。人口は佐賀県内で最大の約23万人で、佐賀県の経済や行政の中心地となっています。佐賀市内では、特別気候や風土に大きな差があるわけではないので、ライフスタイルに合わせて、都心部に住むか郊外に住むかで土地や物件の選び方が大きく異なります。
佐賀県の中でも佐賀市・唐津市・鳥栖市は人口密度も高く、比較的都心部のエリアです。JRの交通の便も良く、車をお持ちの方にも便利です。佐賀市営バスや西鉄バスをはじめとする路面バスは佐賀駅に隣接する佐賀駅バスセンターを中心に近隣の市町村とを結ぶ路線網が構築されています。
佐賀市内は新築の注文住宅や戸建て分譲が多く、特に九州自動車道の佐賀大和インター付近は開発が盛んです。
福岡市とは約37kmと直線距離は近いですが、山地を隔てて生活圏や雇用圏が別れているため、鳥栖市のような目に見える形でのベッドタウン化はありません。ただ、JR九州が長崎本線の特急電車に大幅な割引回数券を発行しており、約40分前後で福岡市内まで通勤できることから、佐賀駅周辺には通勤者向けのマンションも立ち並んでおり、市街から福岡市中心部への通勤者も多く見受けられます。
そのため佐賀市では、ご家族のライフスタイル、どんな暮らしを求めるかによって最適なエリアが変わりますし、土地の価格も大きく異なります。事前に土地の価格や住みたいエリアの特徴などをよく調べてみることをおすすめします。

佐賀市の地域情報

佐賀市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめのエリアと坪単価相場

佐賀市で新築一戸建てはいくらで買える?おすすめのエリアと坪単価相場

佐賀市で一番人気のエリアは「佐賀駅」で坪単価相場は32万1829円/坪です。市内外へのアクセスの良さや駅付近に学校もあるので通学に便利なエリアです。
二番目に人気のエリアは「鍋島」で坪単価相場は15万7497円/坪です。佐賀駅寄りは住宅街で密集していますが、喜瀬川付近は田んぼが広がり、バルーンフェスタの会場でもあります。臨時駅の「バルーンさが駅」もあります。
三番目に人気のエリアは「大和町」で坪単価相場は8万2093円/坪です。イオン佐賀大和町店があり、イオンシネマもありにぎやかなエリアです。日々のお買い物や休日のショッピングにおすすめです。

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違い

大手ハウスメーカーと工務店の違いは大きく分類すると、ハウスメーカーは全国展開していて対応エリアが広い点と、設備や仕様、規格が統一化されているので工事期間が短くスムーズに進み、商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感も高い点です。
工務店は地域密着で、会社によって得意な工法やデザインは異なりますが、間取りやデザインの自由度が高いという点、担当がずっと変わらないので安心と信頼がある点や、お客の要望に対して柔軟に対応してもらいやすいといった点が魅力です。またリフォームやリノベーションにも強く、予算を抑えたい方にもおすすめです。またお客様のご家族構成にあった住まい・暮らし方を伺い、土地物件の環境や条件を考慮し、完成まで1件1件丁寧にお家づくりを進める会社が多いです。

佐賀市の住宅総合展示場(モデルハウス)情報

住宅展示場(モデルハウス)情報

佐賀市には現在、2つの住宅総合展示場があります。その他、各メーカーや工務店の単独展示場もあります。各社、うれしい来場特典があります。
ハウジングギャラリーe-yes:佐賀県佐賀市新栄東2丁目6−3
SAGATVハウジングパークパティオ:佐賀県佐賀市兵庫北5丁目13−43

佐賀市の特徴

佐賀市の特徴

佐賀市は、九州の中では北部(北部九州)または西部(西九州)に位置しており、人口・面積において共に九州の県庁所在地の中では少なく、人口も減少傾向にある都市です。しかし、佐賀市内の都心部は人口密度が高く、賑わいのある街並みです。
佐賀県内の地域区分は佐賀藩と唐津藩に二分されていた歴史的経緯から、唐津市を中心とした北部(北西部)と佐賀市を中心とした南部(南東部)に分ける特性があります。
人口が多いのは佐賀市(約24万人)ですが、県面積の3分の1を占める南東部の佐賀平野に県人口の半数である40万人が暮らしています。また、気候に関してもそこまで大きな変化はありません。
佐賀市は、日本の中では比較的気候が温暖で、冬の寒さは緯度の割りには厳しく東京よりも寒くなります。日本を広域的に見た場合、県内全域が太平洋側気候に入りますが、北部の玄界灘沿岸部は曇が多く、降水量の面で日本海側気候とは明確に異なります。台風の通過・被害も多いですが、九州の他の県と比べると少ない方とも言われます。
現在の佐賀市街は、佐賀駅を中心としてビル街・商業街があり、それを取り囲むように低層住宅地が位置し、住宅地郊外の高速インターチェンジの近くに大型商業地などが点在しています。中心市街地では佐賀駅移転・工場の移転再整備・基幹道路整備という一連の流れにより再開発が進んだ地域があります。高層マンション郡などの高い建物は少なく、もともとの地形とも相まって、比較的平坦な街並みが特徴的です。
地価高騰により住宅地が郊外に集積したことで、高齢化とドーナツ化現象が中心市街地の衰退を招いていましたが、2000年代には地価下落による再開発ラッシュの影響を受け、中心市街地に中層マンションが集積したこともあり、昨今ではドーナツ化現象は緩やかになっています。
しかし、同時期に郊外型の商業地の開発も進んだため、佐賀駅周辺や城内地区などの商店街型の小売業は長期的に衰退している傾向にあります。
一方の郊外部では、農地に点在していた住宅の間に新しい戸建住宅が造成されるなどして、開発が順調に進められて市街地が拡大しました。通勤の軸が鉄道ではなく自動車や路線バスのため、主要道路の沿線に住宅地が形成されています。そのため佐賀市は概ね自動車文化となっています。

佐賀市の教育・医療情報

教育・医療情報

市内には現在、国立佐賀大学をはじめ私立大学が4つあります。各種専門学校や農業大学もあり、小中学校、高校も豊富です。幼稚園・保育園も充実しておりますが、待機児童問題もありますので、最新の情報を得るようにしましょう。
子ども医療費は0歳から小学卒業まで一部自己負担となっています。中学生は助成はありません。入院費は0歳から中学卒業まで医療機関ごとに1月当たり1,000円の自己負担となっています。
その他医療面では10を超える総合病院と個人病院が点在しているので、急なケガや病気になった際も安心です。

佐賀市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

佐賀市でマイホーム(建売・不動産)の購入、注文住宅をご検討の方へ

最近ではSNSやホームページに建築実例を載せている会社も多いので、それらを参考に気になる施工事例や建築素材があれば気軽に問合せをしてみるといいかもしれません。
ホームメーカーや工務店にカタログや資料請求などしてみるのもおすすめです。カタログは自宅まで届けてくれて、会社の詳細をゆっくり見ることが出来るのでおすすめです。
気になる会社が絞れて来たら見学会やモデルハウスに足を運んでみてください。実際に見て触れて、どんな断熱材を使っているか、どんな耐震構造なのか、どんな素材を使っているか、湿気対策はどうしているか・・・などその会社の特徴がすべてわかります。間取りや生活動線・収納・お客様のイメージするリビング(LDK)や子供部屋・寝室・書斎・駐車場・㎡数や延床面積・お気に入りの家具や棚の必要な大きさなど、設計士さんとサンプルを見て体験していると今後打合せをする際に、具体的に想像しやすくなります。
中には、性能や設備に優れた省エネで快適な長期優良住宅などを提案してくれる会社もあります。街の不動産に行けば、こだわりの条件(〇丁目、2階建て、駅から徒歩10分以内など)を独自の検索網で調べてもらえて色々な情報を得ることができます。
誰もが今より快適な住まいでの「幸せ」を求めてマイホーム購入を検討しますが、決して安い買い物ではありません。予算や希望を担当者としっかりと相談し、夢のマイホームを実現させてください。

間取りから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅
     

すでに注文住宅を建てられた方々が、「もっとこうしておけば良かった」とよく聞くのが、「間取り」に関してです。もっと収納スペースを確保していれば。もっとキッチンやリビングに工夫をしていれば。などなど、間取りは自由度が高く、また施工会社からの提案もあるので何が正解で何が必要なのか自分で調べ、どのようにオーダーメイドするのか考察する時間が必要です。

また間取りと聞くと、“内観”のイメージがあると思いますが、間取りの工夫は“外観”や“屋根の形状”など工夫するポイントは数多くあります。

ですのでこちらでは、押さえておきたい間取りのポイントやリビングなどの空間を広く見せる工夫、外観設計における考えておきたい間取りのことなど要点やポイントをお伝えしていきます。

建物価格から選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

新築の注文住宅を建てる際に一番気になるのが「価格」。とは言え、何の費用が大きく、何に費用が必要なのか不明なことも多いですね。例えば建築の費用で言うと、土地費用・建物費用・付帯工事費用・諸経費・メンテナンス費など多くの費用があります。

また、「土地費用」と言っても土地購入費用だけでなく、その土地によっては「造成費」「改良費」が別途必要な場合もあります。総予算の中でいかに無駄を省き、建物に費用を集中できるかが注文住宅のポイントでもあります。また、みなさん忘れがちなのが建てた後にかかる費用です。もちろん光熱費だけでなく、お家のメンテナンス費用なども計算しなければなりません。下記、価格別ページに毎月のローン返済シュミレーションや詳細を載せていますのでご参照下さい。総予算の中で、費用や毎月コストを考えた上での建物づくりをしていきましょう。

デザインから選ぶ注文住宅

建物価格から選ぶ注文住宅

「かっこいい家に住みたい」「ヨーロッパにあるようなかわいい家に住みたい」など、やはりデザインを重視される方も多いはず。そんな多くのご要望にお応えするべく、クラッチでは様々なテイストの注文住宅を建築してきました。例えば、南フランスの田舎町にあるような「オレンジ屋根のプロヴァンス風漆喰のお家」であったり。日本古来の伝統工法である「真壁造りの“和”を重視したお家」であったり。

     

他にも「三角勾配の屋根と天井を採用した平屋」など、お施主様の趣向に合わせたデザインを追求しています。また、平屋・2階建て・2世帯住宅などご家族のシーンに合わせ、外観だけでなく内観や間取りのデザインまで工夫するのがクラッチ。オーダーメイドの注文住宅だからこそあなたの希望のデザインを叶えます。
是非、一覧ページを覗いてみてください。

クラッチ 佐賀市担当工務店の情報

                                                                                                                                         

資料請求・無料相談はこちら

まずはクラッチのことを知りたいという方には、注文住宅やクラッチのことがよく分かる資料を無料でお届けしております。具体的に新築の注文住宅の建築を計画されている方には無料相談も実施しております。
土地を所有されている方も、これから土地を探される方もお気軽にご相談ください。

0120-939-837

9時~ 土日祝OK

※土日祝日はつながりにくい場合がございます。つながらない場合はこちらから折り返しお電話いたします。